担当:ヤナギタ
脚本